読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mtkt1179’s blog

日常をつらつら書くだけ。

2017/03/10


昨日夜更かししたせいか、今日は日付変わった後すぐに寝てしまったようだ。
目覚ましを5時半から、15分間隔でアラームをかけた。「目覚まし鳴ってるな」と思いながら寝ていた。

今日は午後からなのでゆっくりしていていいはずだが、エントリーシートを書かずに寝てしまったので、大学図書館で書こうと決めたので、少し早めに家を出た。8時過ぎくらい。

大学に着いたのが9時半くらい。そこから図書館に行って、PCメールを確認して、幾つか企業のホームページを見て、就活サイトを見ていたら、いつの間にか12時過ぎてた。エントリーシートと履歴書は、結局1行位しか書けなかった。企業に電話を掛けようと思ったのに、勇気がまだ出なかった。勇気が出る出ないの問題じゃないのに。情けないわね。

エントリーシートとか、履歴書とかって、大体「自己PR」「志望動機」を書く欄があるよね。あと、大学指定の履歴書には、「大学での研究テーマ」を書く欄があった。
何書けばいいんですかね。少し書いてみたけど、全然内容が伝わらない。自分らしさとやらが見えてこない。自分って何だ?自分の長所は?自分の性格とは?もう病みすぎて宇宙のこととか考えてしまう。他人の感情とか。とりあえず小難しいことを。

どう頑張っても現世では“私”以外にはなれない。他人の感情を想像することは出来るけど、その想像通りだとは限らない。それが不思議で、不思議で。何か考えこんでしまうと、頭がチカチカして、「これ以上は考えてはいけない」とストッパーがかかる。これは考えちゃいけないんだな、って思い直していつも寝る。寝たら忘れる。いや、忘れたふりをする。他人って何なんですかね。人間って何なんですかね。なんで人間だけが言葉を操ることが出来て、社会的な集団を作ることが出来るんだろう。人間もいつか死ぬのに、行為をするのは他の動物と一緒なのに、他の動物と何が違うのだろう。よく分からない。他の動物と人間と何が違うのか。言葉以外。人間の方が傲慢で、野蛮だと思うのは私だけだろうか。優越感と自分に自信を持つことは全然違う。優越感に浸るなんて、愚かだ。他人を見下していい気になるのも。でも、自分に自信を持てないから、自分で自分を認めることが出来ないから、他人を見下して心を落ち着かせてるんだよ、多分。自分で自分のことを認めて、自分に自信を持っている人のそばにいたい。そういう人のそばで学びたい。自分で自分のことを褒めないと、認めないと、他人に賞賛されることに頼るのは、弱い。他人に依存して、他人に見放されたときに苦しむのは自分だ。自分のことをちゃんと分かってて、他人をちゃんと尊重出来る人と一緒に働いてみたいよね。あ。これで軸をまた一つ見つけた。尊敬出来る人と働きたい。ナニコレ。これで千字超えてるよ。このままダラダラ頭に思い浮かんだことを書き綴ったら、論文書けるんじゃね?書かないけど(笑)

……とりあえずブログの続きを(笑)

13時前に部室に行って、お昼ご飯を食べた。サンドイッチ。その後、演奏会のリハーサルをした。解散は19時前。おしまい(笑)
……部活のことを詳しく書いてしまうと、身バレするかもしれないからね。仕方ないね。

……そしてこれを帰りの電車の中でチマチマ書いてる。勢いで書きすぎて少し疲れた(笑)
きっと家に帰ったらバタバタするだろうから、今のうちに今日のブログをあげてしまいたいのだ。どこかを目立たせようと、とりあえず太字を使ってみる。なるほど分からん。

「お前、さっきの話の“私”って何やねん」って疑問に思った人には、永井均さんの著書をおすすめする。『〈子ども〉のための哲学』は中学生でも読める。『子どものための哲学対話』は対話形式だから読みやすいと思う。と言いながら、私もあんまり多くは読めていないんだけど。

こんな小難しいことを垂れ流してるけど、快楽を与えられたら喘いで堕ちてしまうんですかね。知りませんそんなこと。

もうすぐ家に着くので、投稿しておく。書き足りなくなったらまた書くかもしれない。